2005年03月11日

齋藤美浜町長の町議会答弁

昨日、美浜町議会で一般質問があり、合併白紙を受けての町づくりや齋藤宏一・美浜町長への責任追及が行われた。

住民投票で合併「反対」 美浜町長「不徳だった」 町議会(中日新聞・知多版)
住民投票の「反対」結果について、「反対票には私への中傷を含め行政批判が混じった」とした上で「住民投票に向け、もっと合併論議をしたっかった。今回一番の反省で、不徳だった」と述べた。
------------------
斎藤町長はさらに、合併論議を超えて自分への中傷ひぼうチラシが投票日までに計二回配られたことを明かし「家族への中傷もあり、非常に悲しかった」と吐露。
「こうした声も含め、大いに反省し、これからの行政に生かしたい」と語った。
------------------
また、住民投票の結果と「南セントレア市」騒動に対し、合併を推進した側の責任を問われた中で、「合併協議は、法定協議会の設置など議会に了承していただいて進めた。法定協には住民代表を含め二十六人の委員がいて、独り善がりになっていない」と強調。
------------------
「こうした経緯をへて、合併という実を得られなかったことに私自身責任を感じ、おわびしたい」とし「町民がこのまま町単独で行こうと判断したのだから、今後、それを支えていくことが私の責務」と述べた。

この記事に比較して、昨日傍聴された方の住民の方からは、もう少し具体的なレポートをいただいている。

続きを読む
posted by 故郷は美浜 at 21:13 | TrackBack(0) | 思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「うえちゃんとライブドアと南セントレアと」の指摘は鋭い

ブログ検索をしていて、非常に興味深い指摘を見つけた。

JOHN NA RUNNER TALKING WEB」さんの
うえちゃんとライブドアと南セントレアと

フジテレビ vs ライブドア問題」の渦中にあるニッポン放送うえやなぎまさひこアナウンサー日記にある『南セントレア!』で、「南セントレア市問題」で行政が住民を置いてけぼりにして合併を無理に推し進めたことについてうえやなぎアナが述べている感想について、
これを、ライブドアとニッポン放送の話にすると、置いてきぼりにされて不信感を持つ「住民」、馴染んできた町の名前に対する愛着を持つ「住民」が、「ニッポン放送社員」だと言っているように、私には読めるんですよね。
と指摘したうえで、
でも、違うよね。この「住民」は、「ニッポン放送社員」ではなく、どちらかというと「株主」なんだよね。本来、町の基礎となるのは「住民」であり、株式会社の基礎となるのは「株主」なんだよね。ところが、「町長や議会」が勝手に合併して南セントレア市になるっていう話を進めちゃったんだよね。「取締役会」が勝手に支配株主をフジにするって決めちゃったんだよね。で、置いてきぼりにされた「住民」は『そりゃないだろー』って言ったんだよね。置いてきぼりにされた「株主」は『そりゃないだろー』って言ったんだよね。
と看破している。

続きを読む
posted by 故郷は美浜 at 01:26 | TrackBack(2) | 思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。