2005年03月09日

総括(2)合併特例債では病気は治らない

全国各地で市町村合併がラストスパートを迎えている。ここ数日、自分がたまたま目にしたニュースでも

埼玉県 上福岡市・大井町が県に合併申請(朝日新聞)
※経緯は「上福岡のほんの片隅で〜SummerTreeRoad」さんのブログや「海星ログ」さんのこのエントリーへ。
「白神」去ってまた「白神」 合併新町名の候補に(河北新報/Yahoo News)
※Yahoo News 地域トピックス - 白神名称問題
合併協議9時間、「全国最速」で調印 佐世保と小佐々町(朝日新聞)

新市名「宮古市」を撤回−−沖縄・5市町村合併推進協 /岩手
 第二の「宮古市」土壇場で幻に(岩手日報)
 「宮古島市」に決定 岩手・宮古市長も歓迎(琉球新報)


もちろん、どれもこれも今月末が期限の合併特例債目当ての合併だ。

詳しくはエントリー「「合併特例債」は重病人に打つ麻薬にすぎない」に書いたが、国の膨大な借金返済のしわ寄せがガンガン地方に回っていく流れの中で、自主財源・税収不足で経営能力のない自治体は、取り合えず合併特例債で一息つくか、裕福なところに広域・吸収合併で救ってもらうか、それとも破綻するかの三者択一の状況のように見える。

続きを読む
posted by 故郷は美浜 at 08:28 | TrackBack(0) | 総括 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

名古屋市の「未来市長」さんの「南セントレア市」についての意見について

※3/10/2005 20:22 追記

下記で参照し引用している「「名古屋市の改革 Road to the mayor of Nagoya」の二つのエントリーが、私との議論が含まれるコメント欄ごと削除されて、改めてご自分のエントリー分だけをコメント付きで再アップされていることに気がついた。

その件に関しての私のコメントと、このエントリーの後半になる私の先方のブログに残したコメントの続きとなるコメントについては、下記のエントリーを参照のこと。

発言したことへの責任を果たすこと


たまたま検索して見つけたブログ、「名古屋市の改革 Road to the mayor of Nagoya」で、2009年の名古屋市長選での出馬を目指されている「未来市長」さんが、今回の南セントレア市問題についてのエントリーでについて、そのコメント欄でいろいろと議論させていただいた。

「南セントレア市の失ったもの」

ここで彼は
「これだけ全国的にメディア露出のあった新市名『南セントレア市』の広告による経済効果を活かさず、合併共々新市名を一時の気持ちの動きで葬り去ったのは住民の損失で、それをデザインできるリーダーがいないのは残念だ」
という内容のことを主張されているので、自分は
「地名というものはそこに生活や共同体がある以上、消費財の商品名のように軽々に扱うべきではなく、また今回の『悪い広告』での見かけ上の経済効果を単純計算するのは本質的ではない。また、ただの玄関である空港を『主』に地域を『従』にするような主客転倒した地域づくりは愚の骨頂だ」
という、まあこのブログでこれまで申し述べてきたことをコメントした。

現在このブログの総括にかかっているので、その考えをまとめる意味でも、また、彼が2009年の名古屋市長選挙に出馬して施政者になることを目指しているので、その意味でも今回の地方自治の様々な問題を内含した所謂「南セントレア市問題」で議論することは有意義だと感じている。

かなり長いが、詳細はこの先方のエントリーのコメント欄を参照して欲しい。

その後、彼の方で昨晩新しいエントリーをアップされたので、再びコメントを残しておいた。

「南セントレア市を失って得たもの」

自分のコメントにより責任をもつ意味でも、通常のブログのコミュニケーション例にならって、彼のエントリーから引用しつつ、自分のコメントの一部をここに再録しておく。

続きを読む
posted by 故郷は美浜 at 02:48 | TrackBack(0) | 思い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。